キーワード
サイト内記事検索

2008年07月13日

IK Multimedia ARC System導入

物欲を抑えていましたが、遂にポチッとしてしまいました。

IK Multimedia ARC System

s-ARC.jpg
ウーファーを導入したり、吸音パネルを自作したり、いろいろモニター環境を変化させてきましたが
そのときそのときで、自分の耳をならし、脳内修正していたのは否めません。

昨年のウーファーセッティングで周波数特性は測定していたので、かなりローがでていて、中抜けしたうえで、ハイがかなり落ちていることは認識はしていました。

でも部屋を変えない限りこれを改善する決定打はありませんでした。
ローを多めにだしていたのはキックやベースのからみ、また、ナレーションとBGMの関係を楽に判別するためでもあったので、そのままにしていました。

ただ最近、声の作りにくさや、空気感が分かり辛いことにストレスを感じ始めて、どうしても試してみたくなったのです。

最近使い始めたYAMAHA MSP3が、比較的フラットに鳴ってくれて、中域もわかりやすかったことが、逆に今の環境への不信感につながりました。



まあコレくらいで自分の環境への愚痴はおいておいて、一使用者としての評価がしりたいですよね。

結論は、「私的には買い」です。いや「私的には買って良かった」かな。

プラグインをONにしたときの最初の印象は、ローがスコンと減ってハイがグッと持ち上がって硬い感じ。

物足りなさすら感じました。

しかし耳をならして、ONとOFFを聞き比べてみると、細かい音の動きまで聞き取れるし、定位もクリアになった印象です。

冷静にミックスする基準が欲しい方にはいいと思います。
ただテンション上げて曲つくるぞ!という癖があり勢いのある音とは別物だと思います。

そういう音が必要なときはOFFにすればいいだけのことですけどね。



さてIK Multimedia ARC System導入の流れですが、ソフトをインストールした後、スタンドアロンの測定ソフトを立ち上げて測定となります。

英語ですが、ナビゲーションに沿ってすすめていくという簡単なものです。

付属マイクをファンタム電源が供給できるプリアンプを通してインターフェイスに接続します。

私の場合はRMEのMultifaceを使用しているのでインターフェイスにはプリアンプがありません。
とりあえずYAMAHA O1Vに入力し、そのアウトをインターフェイスに入力しました。

測定信号を鳴らして、いつも作業している程度の音量にまでスピーカーの音量を上げます。

次にマイクをいつものリスニングポジションの耳の高さに天井に向けてセッティングします。

その状態でマイクのゲインがナビゲーション画面のOKの範囲に入るように調整します。

ここまではホントに簡単です。

問題はここから。

テスト信号がマイクに入ったときの音質の差を、独自の計算で導き出し補正している?
と思いますので、センター以外の場所にマイクをセッティングするときは、
スピーカーのセンターを中心に線対称にポイントA(L寄り),B(R寄り)があり、
かつLチャンネルからAの距離とRチャンネルからBの距離が等距離でなければ、正しい補正ができないのではないかと考えられます。
思い違いかもしれませんが・・・。

そのことを加味しながら、スケールで距離をはかり、できる限り正確なポイントになるよう慎重に作業していきました。

それを最低12箇所おこないます。

私ははやく結果が知りたかったので12箇所しか行いませんでした。
エアコンのノイズが問題になるため消していたので、暑くて面倒くさくなったのが本音です。

12箇所以上の測定が終わると次のステップに進むことができ、そこでプロファイルが作成されます。

そしていよいよ結果が判明します。

ホストアプリケーション(私の場合はCUBASE)を立ち上げ、マスタートラックの最終スロットにARCプラグインをインサートします。

私の場合は、ファイルの書き出しのときにOFFにし忘れるのを予防するために、コントロールルームのインサートスロットにインサートしました。ここならONのまま書き出しても影響ありませんからね。

結果は以下の通りでした。

NF-1A
s-NF1A.jpg 

MSP3
s-MSP3.jpg 

ね、ひどいものでしょ。

でもこれが補正されると思うと、精神的気持ちよさは格別です。

やっぱりMSP3のほうが中域がでていて、比較的フラットな特性だったことがわかります。
どんぐりの背比べですが・・・。

補正後のラインをみてみると、さすがにウーファーを導入しているだけあって、NF-1Aのほうは20Hz-30Hzあたりからきれいにでていて、レンジの広さが伺えます。

今回はNF-1AMSP3ともに測定したので、補正をかけた状態で聞き比べてみました。

さすがにローの感じは違いますし、鳴りも違いますが、中域から高域にかけての印象の差は以前ほど大きくなく、スピーカーの特色を考えて、切り替えながらミックスを確認する必要はなくなりそうです。



IK Multimedia ARC Systemを比較的安く導入するには、クロスグレード版がお勧めです。
IK Multimedea製品をもっていない方はSonic Capsuleを買って登録して、クロスグレード版を購入すればかなりお買い得です。
posted by y2kfactory at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | お勧め