キーワード
サイト内記事検索

2013年04月30日

VUメーターのリファレンスレベルについて

今回は、VUメーターのお話。

もう6年も前になるのですが、VUメーターについての記事を書いています。
(過去の記事→ 「PSP VintageMeter」で音量感をチェック )

今回はその補足となるような動画をアップしましたので、そちらをご紹介します。


私の場合の設定なので、参考程度に留めていただければありがたいのですが、以下の様な感じになっています。

☆ミックスダウンのとき
0VU=-12dBもしくは-14dB

☆マスタリングのとき
0VU=-5dB

このような設定にしてます。
リファレンスレベルを決めても、メーターの針の振り幅(音の大小の密度、ダイナミックレンジ)によって、聴感上の音量が違うことがわかります。それも、ある程度なれてくると、どのあたりを振っていたら、どれぐらいのRMS値になるか検討がつくようになります。いろんな音源を聞いて、メーターの針の振り方をみるのも面白いと思います。

ちなみにデジタル放送などの基準となる、ラウドネスの基準値-24.0LKFSのレベルを、あえてVUでみるとしたらこうなります。

0VU=-20dB、これはアナログ時代の民放の基準レベルなのですが、この状態で-4dBを中心に針が振れ、大きな所で0dB付近になる状態でミックスすると、だいたいそれぐらいになります。
ラウドネス基準はあくまでプログラムの平均値ですので、突発的な大きな音は平均化されてしまいます。ですからVUメーターでの基準より、ダイナミックレンジを大きくとったミックスで納品することが可能です。
高域にエネルギーが集中した、いわゆる硬い音ではなく、低域もバランスよく含まれたミックスのほうが、基準におさまりつつ、聴感上大きくきこえる結果になります。

タグ:VUメーター
posted by y2kfactory at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノウハウ

2013年04月29日

「CeVIO Creative Studio FREE」を使ってみた。

アニメイト秋葉原の店頭モニター、テレビ東京系列で放送中の『超流派』出演などで活動中の「さとうささら」をついにエディットできるようになりました!


と、公式ページから引用させていただきましたが、「さとうささら」というキャラを存じ上げません!

でも、2013年4月26日にリリースされた、この音声合成ソフト「CeVIO Creative Studio FREE」には驚きました。


イントネーションを編集できる。

感情表現をスライダーで調整できる。



この2点だけをみても、相当すごいと思います。

そして、テキストを入力するだけで、調整をしなくてもそこそこ喋ってくれます。

どんな感じかは以下の動画をみてみてください。

いやー商用利用可能なバージョンが格安ででないかな。

以下のURLからDLできますので、興味を持った方は試してみてください。
http://cevio.jp/application/
posted by y2kfactory at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め

2013年04月03日

すみません^^; お知らせです。オンライン・マスタリングはじめました。

サウンド・エディット・ラボをご覧いただきありがとうございます。

このブログを書いている・・・いや、ほとんど更新していないですね、すみません。
私は、ミックスしたり、プリマスタリングしたり、レコーディングしたり、ラジオ番組を収録して完パケしたり、動画に音をつけたり、サウンドロゴをつくったり、iOS版GarageBandの講座をしたり、なぜか話し方講座の講師をしてみたり、音にまつわる様々なお仕事をさせていただいております。

このブログは、ご存じのとおり、あまり更新していないのですが、少ないながらも一定のアクセスがあるんです。みなさん、音やプリマスタリングということに対して、興味があるんだな〜と思うとともに、音質調整や音圧を整えたりというプリマスタリングに困っているんだなと感じていました。

そこで、田舎在住の私が、田舎にいながら直接お手伝いできることはないかなと思い、「オンライン・マスタリング」サービスを始めることにしました。

http://y2kfactory.com からご依頼可能です。

もちろん有料ですし、他のネット利用のプリマスタリングサービスと比べて格段に安いというわけでもありません。でも私は結構手間をかけるほうなので、これでも時間効率的には赤字すれすれ。なぜ時間がかかるのか?

プロのミックスや、ミックスになんの不満もない状態ならば、通すだけのプリマスタリングで良い結果になると思います。でも「実はミックスでこうしたかった」「もうちょっとだけこうしたい」って思ってることないですか?しかし、ミックスには戻れない、またはうまくできない。そんな依頼者の要望に答えて、結構印象をかえていく作業に時間をかけるからなのです。プリマスタリングでは、そこまで大きな変更ができないのも事実ですが、いつもやれるだけ頑張ってます。ミックスが良いのがBESTですけどね。

このような、あえて変えるプリマスタリングは、地元のインディーズバンドとの交流の中でたくさんやってきました。アーティストと一緒に音楽を仕上げていく感覚ですね。この感覚でみなさんの音源もプリマスタリングしていけたらなと思っています。

いろんなプリマスタリングサービスがあるなか、選択肢のひとつに加えていただけたら幸いです(^^)

(最後に、この価格は、10年以上前に、地元のインディーズバンドのために設定したもので、実際の作業の手間と時間を考えたら、とても割のあわない価格であることをここにブツブツと書き残しておきます^^;)

オンライン・マスタリングのご依頼はこちらから
http://y2kfactory.com
posted by y2kfactory at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ