キーワード
サイト内記事検索

2007年03月29日

ドラムをエフェクトで加工しよう

知り合いから「ドラムをエフェクターで加工したいんですけど」
という質問を受けましたので、ここで回答してみます。

とはいってもどう加工したいか不明だったので
比較的極端に処理したサンプルを紹介しておきます。

4小節のドラムループになっていて、前半2小節が加工前、後半が加工後です。

■コンプをかけてみる


小さな音が持ち上げられて、空気感が増したのが分かると思います。

■オーバードライブをかけてみる


歪みが加わることにより、音に迫力がでるのが分かると思います。

■Glitchのcrasherをかけてみる


以前紹介したGlitchのCrasherで音を変化させて見ました。

■ディレイをかけてみる


フィードバックを多めにして、ディレイタイムを短くすると"ビンビン"と言った感じの打ち込みっぽい音に。
そこからディレイタイムを長く変化させています。

■ローパスフィルターをかけてみる


少しレゾナンスをきかせたローパスフィルターの周波数を変化させたいます。
もっと極端にかけるとフィルターハウスのような感じになると思います。

とりあえず今回はこんな感じで・・・。
posted by y2kfactory at 14:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | ノウハウ
この記事へのコメント
ありがとうございます
勉強になります
Posted by at 2009年11月09日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック