キーワード
サイト内記事検索

2011年02月22日

WAVES V8

WAVES V8にアップデートしました。過去のプロジェクトも問題なく開けるっぽいし、過去のプラグインもいくつかデザイン変更されたのでなんとなく使ってみようかなと思えたり、なかなかのアップデート。だと思っていたら、ちょっと戸惑ったことがあったので書いときます。

個人的にPAZ Analyzerを愛用しておりまして、ピーク値のグラフをメモリして表示させておく機能を結構使っておりました。
しかしいつものようにマウスを動かして・・・「あれ?なんか分からんけどボタンがない。」

「Graph->Mem」「Clear Mem」がなくなってる。
ちょっとあたふたしてボタンを押しまくったら「A→B」ボタンでグラフをメモリ表示できました。
あーちょっと焦った。

[追記 2011.2.26]
最新のアップデータではその問題は修正されました。
以前の「Graph->Mem」「Clear Mem」表示にもどっています。
っていうか仕様変更じゃなくてバグやったんかい!
posted by y2kfactory at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

2010年10月01日

WAVES 40%OFF

再びビッグセールの季節がやってきましたか・・・。
物欲が沸き起こる!

ということで過去のエントリーでWavesのプラグインに関連するものを上げておきます。
デモするにももiLok無いしな〜という方の参考になれば幸いです。

[比較]Waves Lシリーズ

[比較]バスドラムへのコンプ聴き比べ

タグ:waves
posted by y2kfactory at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

2009年11月03日

Waves Version 7

さっそくWAVES VERSION 7をダウンロード中。
しかし、残り時間が10時間以上と表示されている・・・。大混雑の模様。

とりあえず詳細を公式ページより引用。

  • Snow Leopard Support
  • Windows 7 Support (32-bit)
  • New VST3 Features in Cubase, Nuendo & Studio One
    • Side-chain support
    • Near-zero scan time on Mac & reduced scan time on PC
    • Real plug-in parameter units displayed in automation lanes
    • Plug-in menus sorted into categories

  • Bonus Plug-ins
  • ICON Meter Support for Additional Plug-ins
    • C1 Parametric Compander
    • DeEsser
    • Doubler
    • L1 Ultramaximizer
    • Q10 Equalizer
    • Q-Clone
    • Renaissance Axx
    • Renaissance Compressor
    • Renaissance Equalizer
    • Renaissance Reverb
    • Renaissance Vox
    • S1 Stereo Imager
    • TrueVerb

  • Improvements and Bug Fixes
    • Reduced memory consumption during plug-in scan.
    • Windows Vista and Windows 7 UAC (User Account Control) compliance.
    • New Pro Tools DAE preference: Plug-in parameter single-click text entry.
    • Fixed bug: In Pro Tools, pressing keys on the keyboard will no longer erase previously written Automation in Latch or Touch mode.
    • Fixed bug: In Pro Tools, automation is no longer overwritten on second pass while using latch with latch prime enabled.
    • Fixed bug: In Waves SoundShifter, AudioSuite processing of fragmented regions is now distortion-free.

Windows7に対応したのは嬉しいけど、64bitはまだなんだね。
CUBASEユーザーとしてのアップデートポイントは以下のような感じ。(英語苦手なので適当)

○VST3になり、サイドチェインに対応。
○死ぬほど遅かった読み込み速度の改善。
○オートメーションレーンでの表示が、プラグインの数値表示と同じように表示される。
○プラグインがカテゴリ別に表示される。

おー、なかなかストレスが減りそうなアップデートです。

ボーナスプラグインも増えていて

  • Platinum と Diamond には PuigTec EQP-1A & PuigTec MEQ-5
  • Diamond には V-Comp
  • Mercury には Vocal Rider

  • あー、ラジオ番組の制作にも応用がききそうな Vocal Rider がめちゃくちゃ欲しかったのに・・・。
    公式オンラインストアで400ドルで発売してますね。
    考えちゃうなぁ。 

    もしなんかあるといけないから、現在進行中のMIXが完全に終了してからアップデートしようかな。

    11月はPLATINUM NATIVE BUNDLEがかなりお得に購入できますよ。
    タグ:waves
    posted by y2kfactory at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2009年08月08日

    IK Multimedia T-RackS 3 Singlesが異常にお得な件

    IK Multimedia T-RackS 3 Singlesについて詳しくは、本家www.ikmultimedia.com/を見てもらうとして、とにかく2009年8月31日にまでに購入してオーサライズするとお得なのです。

    キャンペーン詳細はhttp://www.minet.jp/ikmultimedia/specialを見てください。

    2009年8月8日13時41分時点で1552user達成しており
    1つIK Multimedia T-RackS 3 Singlesを購入して登録すれば、あと4つ、計5つのプラグインを使えるようになります。

    さらに2000userに到達すればClassik Studio Reverb - HALLまでもらえるという太っ腹企画です。

    とりあえずFairchild 670系のコンプを使ってみたい、Pultec EQP 1AをベースにしたEQを使ってみたいなどのマニアの方は目をつぶって買っておけばいいのではないでしょうか。

    MS処理の出来るリニアフェイズEQが欲しいって人も、リミッターが欲しいって人もとりあえずポチッとしたくなること間違いなしです。

    コストパフォーマンスはいいと思いますよIK Multimedia T-RackS 3 Singles
    なんといっても定価換算でも現時点で1プラグインあたり2940円ですから。
    posted by y2kfactory at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2009年02月15日

    Sonnox アップデート

    Sonnox Elite Native (7 Oxford Plug-ins)



    Sonnox Elite Native (7 Oxford Plug-ins)

  • Oxford EQ 1.8.0
  • Oxford Dynamics 1.5.1
  • Oxford Inflator 1.7.0
  • Oxford Transient Modulator 1.5.0
  • Oxford Reverb 1.2.0
  • Oxford Limiter 1.3.1
  • Oxford SuprEsser 1.1.0

    に1月末ごろにアップデートされたようです。
  • お知らせメール来てたかな?気付きませんでした。

    自分だけの思い違いかもしれませんが、
    Inflatorの1.6の時に、「multiband mode」にすると
    ゲインを上げていないのに深くエフェクトがかかってしまう気がしていたのですが
    それも今回の1.7.0で直っていました。

    私の環境だけの思い違いかもしれませんがね・・・。
    Sonnox Elite Native (7 Oxford Plug-ins)

    Sonnox Elite Native (7 Oxford Plug-ins)
    タグ:Sonnox VST
    posted by y2kfactory at 15:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2008年11月04日

    Sonnox Oxford Inflator

    Sonnox Oxford Inflator
    Sonnox Oxford Inflator

    歪みを加えて音圧感をだすプラグインとして重宝しているのですが、Cubase4でプロジェクトファイルが落ちまくって困っていました。

    プロジェクトが開けなくなったり、Cubaseごと巻き込んで落ちたり・・・。

    もう最悪でした。

    でももう大丈夫? 最新のアップデーターで今のところ直っております!

    どうしようと困り果てていたユーザーのかたはチェックしてみてください。

    どうやらilok関連のバグだったようです。
    posted by y2kfactory at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2007年05月31日

    KAOSS PADのようなVSTエフェクト

    KLANGLABS DAFT FUNK
    http://klanglabs.siliconemusic.com/

    今回紹介するVSTエフェクトは、テンポとピッチをKORGのKAOSS PADのようにグリグリ動かせる「DAFT FUNK」です。

    文章では説明し辛いのでサンプルサウンドを聞いてください。

    ■元になるドラムループ


    ■「DAFT FUNK」で加工後


    今回はドラムループでしたが、声ネタや楽曲を加工すると、もっと楽しい変化が現れるのではないでしょうか。

    音程を変化させないモードもあります。
    BPMにもシンクロするようです。

    ジングルの素材作りにも使えそうなエフェクトです。
    いろんな素材をグリグリしてみてください。

    posted by y2kfactory at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2007年04月16日

    [比較]マスタリングに使えそうなフリーのVST

    以前VSTエフェクトのリンクだけを紹介しましたが、「マスタリング」「VST」「フリー」「コンプ」「リミッター」などのキーワードでこのブログを訪れている方が多いようですので、サウンドチェックをしてました。

    フリーのコンプ・マキシマイザー選びの参考にどうぞ。

    テスト用音源はこちら


    ノーマライズして、ピークレベルが0になっているファイルです。
    一般的なCDなどと比べても音圧は低い状態になってます。

    これを各コンプ・リミッター・マキシマイザーで音圧上げしていきます。
    ほとんどのソフトはデフォルトの設定でスレッショルドを下げていったものです。
    プリセットを使用したものもあります。

    だいたい聴感上の音量をそろえたつもりです。
    音質の違い、特にドラムのサウンドの変化が分かりやすいかもしれません。
    スネアの太さや左右への広がり方に、違いがよく現れています。

    まずはこちらから
    ■「Volcano」

    本家サイト



    ARCをはずしリリースタイムをマニュアルで10msに設定してあります。

    ■「W1 LIMITER」
    Wavesのマキシマイザー「L1」クローンといったところでしょうか。

    本家サイト





    ■「TLs Pocket Limiter」

    本家サイト



    個人的には一番の好きな感じです。


    ここからはマルチバンドです。
    ■「BuzMaxi 3」
    Buzシリーズのマキシマイザー。

    本家サイト



    ■「T-SLEDGE」

    「Volcano」と同じメーカーのプラグインです。
    プリセットも数多く、ギミック的なものもありなかなか面白いです。

    本家サイト




    今回は5つのVSTを試してみましたがいかがだったでしょうか。
    ダウンロードしてDAW等に読み込み、きちんとしたモニターでチェックしないと分かりにくい差かもしれません。

    私的には「TLs Pocket Limiter」に一票です。
    皆さんはどれが好みでしたか?


    posted by y2kfactory at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2007年04月11日

    「PSP VintageMeter」で音量感をチェック

    自分でミックスした曲は市販のCDと比べて音が極端に小さい。

    メーターは「0」まで振ってるし、波形もノーマライズ(最大化)したのに・・・。

    よく聞く話です。

    DAWソフトなどで見られるメーターは
    1.ピーク(レベル)メーター
    2.VUメーター
    3.RMSメーター

    の3種類がほとんどだと思います。

    1のピークレベルメーターは、瞬間的なピークを検出するので、すぐにピークがついてしまいます。
    デジタルレコーディング時などにレベルを監視するのに主に使われると思います。

    2と3は、ある一定時間の平均値を表すという意味ではほぼ同じものだと思います。

    VUメーターは人間の聴感上の音量感に近いメーターの表示がされるといわれています。
    一般的に300ms(0.3秒)の平均値が表示されますので、瞬間的なピークを監視するのには向きません。


    つまり最初に書いた「ピークが0まで振ってるのに音が小さい」というのはピークレベルメータでの話なのです。

    音が大きく聞こえる(音量感がある)音源というのは、一瞬音が大きい音源ではなく、平均的に音が大きい音源なのです。

    一番いいのは(自分が基準とする)市販のCDをPCに取り込んで、自分のミックスと耳で比べて音量感を確認することでしょうが、VUメーターを使うと視覚的にも分かりやすいので、ミックス・マスタリングがやり易くなると思います。

    そこでVSTで使えるVUメーターをご紹介します。
    なぜこれかというと「見た目重視」です。

    PSP VintageMeter
    本家サイト http://www.pspaudioware.com/

    フリーでダウンロードできるので本家サイトからどうぞ。

    インストールしてVSTホストから起動するとこんな画面です。
    PSP1.png

    下の「PSP VintageMeter 」と書いてあるところをクリックすると設定画面があります。
    PSP2.png

    初期設定では-12dBFSで0VUになるように設定されています。

    この状態で市販のCDを取り込んだものを再生すると、メーターがバンバン振って、もしかすると張り付いてしまう場合もあるかもしれません。

    ちょっと設定を変えてみましょう。
    マウスでノブをまわして-5dBFSに変更してみます。
    PSP3.png

    同じファイルを再生してみてください。
    どうでしょうか?

    見やすくなりませんか?

    VUメーターには厳密には基準があるのでしょうが、この際それは置いといて、色んなCDを取り込んでみてメーターの振りを確認してください。

    そして自分のミックス・マスタリングにフィードバックすると、音量感・音圧感のある音源ができるのではないでしょうか。

    音圧があってデカイ音が最高!の音圧至上主義の時代は飽きられてきたと思いますが、聞きやすい音源の為にある程度の音圧は欲しいものです。

    あっ、VUメーターを入れたからといって音圧が上がるわけではないですからね。
    コンプやリミッターを駆使して瞬間的なピークを押さえていき、小さい音を相対的に大きくして、平均的な音量を上げることが、結果的に音圧を上げることに繋がります。

    と偉そうなこと書いてますが、私も勉強中ですので・・・。
    タグ:PSP VST VU
    posted by y2kfactory at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト

    2007年03月24日

    お手軽にGlitchサウンドを作れるフリーのVST

    このソフトを初めて使ったのは2006年5月ごろと記憶しています。
    しかも曲を作るためではなくJingleの素材作りに使わせてもらいました。

    Jingle(ジングル)というのは、ラジオなどでCMの前後によく入っているものです。
    SE(効果音)と共に番組タイトルなどを言っているものが多いです。

    確か、凝ったボイスの加工が手軽にできたので面白かった気がします。

    ボイスの加工前、加工後なんていうエントリーも今後UPしようかな。

    まずは本家サイトでデモサウンドを聞いてもらえれば、どういう効果のあるVSTなのか分かると思います。
    GUIが綺麗なのもそそります。

    Glitchというジャンルが流行っているかどうかは別として、使い道のありそうなソフトだと思いますよ。

    glitch
    ■Glitch(VST plugin by dblue)
    本家サイト
    http://illformed.org/glitch/?page=home
    タグ:Glitch FREE VST jingle
    posted by y2kfactory at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | VSTエフェクト
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。